2020年3月31日火曜日

e-bike



Lockdown直前に ちょうどいいタイミングで E-bikeをゲット。

だが 子供の頃から 自転車には乗ってないので そう簡単には 自転車を操作はできない。結構 四苦八苦しながら自転車を漕ぐ。

ニュージーランドには ママチャリというのは ないのだ。
ママチャリなら まだ 操作が 少しは楽だけど・・・。

購入した 電気自転車も 私の体サイズなんだけど・・・。

クライストチャーチ大地震からの復興は ”自転車使用奨励”で 車での移動よりも 自転車人口を増やそう!的に クライストチャーチ市の道路は自転車道がバンバン作られている。

どこもかしこも びんびかの自転車専用ルートができているのだ。

ネットで クライストチャーチ市内の自転車ルートマップを見ると車移動の人より 自転車移動の人を尊重されるのでは・・? と思える程。

自転車の走れるルート沿いは 海際とか 川ぞいとか 公園の中とか 季節感をバンバン感じながら走れる様になっていて気持ちがいい。

自転車専用ルートには可愛い自転車のマークが 盛りだくさんに描いてある。
自転車専用信号も自転車マークでかわいい。

ここ中央分離帯は いつも春になると 水仙がおびただしくビッシリと 咲き誇る・・。
が 今日気がついたら 自転車道・歩道になっている。

自転車人になった 私にとっては 嬉しい限り・・。


片道10km 行きは張り切って一番電力の弱いので行く・・帰りの10kmは 電気力全開で家にたどり着く。

2020年3月29日日曜日

busy our Lockdown bubble

apple harvest season now

so sweet this year
busy preparing dry apple


done!


drying mint
much stronger aroma handmade tea


garden has been cleaned up for winter


walnuts has been picked up 


2020年3月25日水曜日

いっくら緊急時だとて心臓に悪い

これから Lockdownがはじまるよ〜〜の警告が スマホに入る。 いくらなんでも まるで 心臓が飛び出すほどのでかい警告音と通知が がなり出す・・。

2020年3月24日火曜日

神様 もうこれ以上の試練は私には無理です。

Lock down つまり 自分を監禁状態にしろ! 外出禁止と言う命令。 これから4週間も・・。

も〜 第二次世界大戦来の 緊急時・・ 人も 戦争並に どんどん死んでゆく・・。
戦争は 若い男子が 死と向かいあう・・。

今は 老人が死と向かい合う戦争的緊急事態になって来ている・・。 
老人は持病があるし・・体は弱っているし・・免疫力が弱い。 

特に我ら老人プラス喘息持ちとなると もう 呼吸器官をアタックするコロナは ウィルスをもらった途端 それは死刑を宣告された事になる。

それも 死はアッという間にやってくる・・。

1年半前に私は 自分のビジネスを退職して老後の引退生活に入っていたのが 突然 引退から呼び戻され 現役に 舞い戻るのを余儀なくされた。・・

以来ビジネス売却に全力をあげて 一年以上も戦ってきた。 値段を半額にしても買い手はいない・・・。

過労とストレスでヨレヨレの状態で コロナが襲う・・。泣きっ面に蜂。

ビジネスは シャットダウンを余技なくされ・・ その間も 60人ぐらいの客は 私の宿にロックダウンされている。 

膨大な緊急事態の対処を瞬時瞬時で 的確に判断して 決断していかなければならない・・・私の電話、インターネットの ありとあらゆる連絡アプリが鳴りっぱなし・・。

神様は どこまで 私に試練を与えるのか・・? クライストチャーチ大地震の時も同じ状態に陥る。 瞬時瞬時に 緊急事態の状態を 切り抜ける決断を迫られる。

誰に相談するわけにも行かず・・・とりあえず 国中 世界中の人が パニック状態なのだから・・自分の周りは自分で どうにかしなければならない。

人として 何をどう判断して決断するのが一番いいことなのか? 人相手のビジネスだから 結局 そんな自問自答で答えを出すしかない。

人として・・・人とどう接して・・・ 対応するべきか? それを基準にして 決断するしかない・・。
15人ぐらいの私の従業員は瞬時の私の決断と支持を待つ・・。

私は老人だから・・喘息だから ヨレヨレだから・・も〜無理! なんて言ってる場合ではない・・。

神様 本当に いい加減に私をたくさんの試練から 開放してください・・。 

2020年3月7日土曜日

アジアの女は2流?

アジアの女は2流?

白人の男がアジアの女を連れていると 女を家畜の様に飼っていると言う印象が 昔(1900年代はじめから終わり頃にかけて)はあった・・。

東南アジアを旅行していると 白人男が意気揚々とアジア人女を連れている。 大体アジア人女は 水商売女が多い。

ここニュージーランドでも 旅行をしていて・・白人男がアジア人女を家畜扱いしているのを見た事がある。 ホテルの隣の部屋で えらいでかい音がすると思ったら DV男だった。

部屋の外でも その男は女に命令ばかりしている・・・。女はアザだらけで泣いてばかりいた。 そんなのは よく見た。

そして 私と夫(白人男)が旅行をすると 高級ホテル・高級レストラン・空港チェックインカウンター では 人は必ず夫に話しかけ 必ず夫にすべてを決断させる。

どんなに私の意見や 質問を投げかけても 無視される。 先日なんか ただの店員にだけど・・・
「私が質問しているのに なんで 私の夫に返事をして 私を完全に無視するの?! 買い物をしているのは 私であって 夫では無い!」と言ったのだ。 

そのぐらい 私はゴミで どうせお金を出すのは 夫の方だから 私なんて 会話をする価値も無い・・質問されても 返事をする価値も無い・・と思われるのだ。

旅の予定を組むのも 宿の手配 飛行機の手配 それらの支払い すべて! ON Lineで何もできない夫ではなく 私の仕事なのだ・・。
だから 夫に話しかけても夫はチンプンカンプンで私しか わかってないのに・・。

Cast awayの映画で 両足をなくした登場人物が生きるのを捨ててやけくそになっていたが・・最後に新しい妻を見つけて幸せになる・・その妻がアジア人。

私のやっていたパートナーダンスに来ていた男の人が妻に暴力を奮って法的にその妻には何メートル以内には近づくな命令が出た。 
その人がしばらくして 新しい女を作ったけど・・それもアジア人。

私が南米旅行を何ヶ月も夫と旅行していた時 病気になって医者み診てもらった。 その南米の医者は 私とは 全く話はせず 夫とだけ話をして 挙げ句の果に 「あんたの女の最終学歴は?」 と訊いていた。

つまり どこで あの無能的女を拾ったのか? 的質問なのだ。 一言も私と話をしないその医者は 私が一言も英語を理解しないと判断したのだろう・・・あいつの前で何を言ってもどうせわからないだろう・・と思ったのか・・。

ジョンレノンの女が小野陽子で良かった! と思う。 彼女のおかげで アジアの女でも 色々いるんだ・・と言うのを あの時代に世界に知らしめてくれたから・・。