2018年12月15日土曜日

今夜はダンスに出かける

ローカルのコミュニティ会館の様な所にライブバンドが入るとの事で出かける。
中に入ってギョッとする。
ここは老人ホームか!?的に 老人だらけ。
まー 考えて見れば 私と夫も 立派な老人なんだから 絶対にギョッとなんてしてはいけないのだけど。

ライブ音楽はどれも 耳慣れた我等の若かりし頃のものばかり
音楽の歌詞だって自然に口をついて出てくる リズムに合わせて体だって動く。
ダンスフロアーは満員電車並に老人達が弾けてる。

あ〜 自分ってこの老人ホームの中で完全に溶け込んでる と思わずにはいられなかった。

2018年11月14日水曜日

Tango

アルゼンチンタンゴダンスを 昨年からはじめた。 で気がついたのは 私は両肩をいつもあげているのだ。 

ダンスの個人レッスンの間に何回も 何回も 「肩!」といわれる。 シッカリと両肩があがっている自分に気づく。

で 驚く事に気がついた・・私はTangoを踊っている時にだけ 肩があがるのではないのだ・・。

普通に生活をしているときでさえ 両肩があがっているのに気がついた・・。

何気にご飯を食べている時とかに Tangoの踊りを事を考えていたら 先生がいつも 私に 「肩!」と言うのを思い出して・・思わず両肩をさげる・・。

つまり いつも 両肩があがっているのだ。

自分の若い頃・・二十歳の頃の写真などをみると イカリ肩なのだ・・。 で ずっと 自分はイカリ肩なんだろう・・と思っていた・・。

事実 「首が短いね」といわれた事もあり・・着物の着付けの人に ”イカリ肩” といわれた事もある・・。 たぶん 長年の内にそうなったのかも?

しかし・・両肩を気づけばあげているから 下げる・・を最近繰り返す 今日この頃。

そして・・なんと! 長年苦しんできた 肩こりがほとんど無くなった・・。 これは 私の人生をも変える 大きな出来事なのだ。

それから なるべく Tangoの曲を流し・・気持ちを引き締め 歩く・・と言う事をできるだけしよう! と心に誓った。

常にひどい劣等感を持ち・・卑屈とも思える生活を送ってきた私の人生。 これが根底からくつがえさせられた気持ちだ。

Tangoの先生は 常に私に言う・・
「Noriko! ツンとすまして! 凜として! 自分は最高のダンサーと思うのよ!」 と 声をかける。

私が生きてゆくのに 一番必要な言葉なのだ・・・。

2018年10月30日火曜日

がま口

がま口 フェチの私が 数多くがま口を買い続けてきた人生。
多種買っては捨て・・買っては捨て・・を繰り返してきた。
買って 本当に使えるのは ほんのひとつ 二つ・・。

なぜか?
がま口と言っても かなぁ~~り 奥が深いのだ・・。
なぜ 数多く買ったがま口を捨てたか・・?

1 留め金がゆるくて すぐ外れる・・
これは 調節可能だが・・物が安もんだと 調節しても だめ・・すぐ元に戻る・・。 よって 自然に口が開く・・つまり中の物が全部こぼれ出た事があった・・。

気がついたら パックリ口が空いたまま 歩いていた・・。

2 売っているがま口は なぜか 布が堅い! よって 布が動かないので 手も入らないし・・・物はちょっとしか入らない。

3 横長のがま口は 少ない。 あってもめがね入れの様にちっこい物のみ・・。 バッグとしては絶対に売ってないのだ。 バッグに使用する場合は横長でないと バッグの中の物がどこにあるのか? が ぜんぜん見えない。 そして 取り出しにくい。

4 さいふは お札を二つ折にして入れて ちゃんと入るがま口財布はまずない。
小さく折ってお札をいれなくてはいけない。 つまり 小さく折るとすぐ財布が膨れ上がる。 小銭も手を突っ込んで取りやすい 柔らかい布製のがま口はまずない。

一つ 知り合いがくれたがま口があるが・・それはもう 10年以上使っている。 留め金から布が外れても修理していまだに使っているのだ。 なぜか? がま口の留め金の口が私の手がスッポリはいる。 つまり お金の出し入れが簡単!

サイズが お札を二つ折して スッポリはいる。 どんな国のお札でも 二つ折りにしてスッポリ入る。

よって 海外旅行に行っても その国のお札を どんどん差し替えて 国移動をする。 どの国に入っても その財布だけが 私にとっては使用可能なお財布なのだ。

その財布の留め金が緩んだ事もあるが ペンチで調節して 修理した。もともとシッカリした留め金なんだと思う。 今のなお その財布だけが私の使用する財布なのだ。

5 財布で 二段構えになっているのがある。 あれは 便利そうでぜんぜん便利ではない。 とりあえず 私にとっては シンプルに ひとつのがま口でなくてはならない。

6 がま口バッグの内側には 必ず ポケットがある。 あのポケットの布は 柔らかいので ダラダラして中で動く・・よって それにひっかかっていつも 物を入れるときにイライラする。 スッと物を入れる事ができない。
とりあえず ポケットが一切ないがま口バッグは 存在しない。

7 がま口の内側の裏布は黒が多い。 黒だと中身が見えにくい。 白っぽい布を使ってくれると 物を探しやすい。

8 自分の好きな色 形 素材のがま口に出会ったことが無い。 

これらの不便さを 全部なくした 自分なりのがま口バッグや財布を これからは 自分で作成できると思うと・・ウキウキしてくるのだ・・・。


2018年10月26日金曜日

サボテンを食す

数年前にメキシコ人カップルが 数年我が家に住んでいた・・。
彼等はどこからか サボテンの苗をもらってきて 我が家の庭に植えた・・。
大きくなるにつれて写真を彼等に送ると・・ そのサボテンの持ち主は メキシコから 「食べられるから食べたら?」のメッセージを送って来る。

遂に・・そのサボテンの移植をやむなくされたのを機に・・・馬鹿でかくなったサボテンを剪定して それを食すことに決定!
なんせ トゲトゲがすごい!
妹が必死に庭仕事用手袋をして 皮を剥くが・・。
トゲは容赦なくその手袋を突き通して 彼女を刺す。
目に見えない 小さい透き通ったトゲが無数に彼女の手にささっている。
それを毛抜きで抜いて行く・・。
が抜き忘れたトゲで彼女何は回も悲鳴を上げる・・。

とうとう 劇薬を扱う バカ分厚いゴム手袋で作業を進める・・。
やっと・・妹はトゲに悩まされずに 皮むき作業が出来た。

大量にあるサボテンをじゃ~ どうするか?
ググってみると・・なんと! この種のサボテンは 私に最高の薬になるのだ!

心臓病、血糖値を下げる(もうずっと前から砂糖漬けの私の体をどうにかしなければ!と思い続けていた・・)

ダイエット(どんなに痩せたいと思っても痩せられない軟弱な精神の私)繊維質の多いサボテンは消化器官の掃除もしてくれる。

ミネラル豊富、ビタミンも各種含む、なによりも! 私が長年悩み続けている 胃酸過多を助けてくれる。胃潰瘍も治す勢い・・。 と ま~ まるで私用にある食べ物なのだ。

じゃ~ どうやって食すのか?

これも又ググってみる。

生でスライスして醤油・出汁汁・薬味と混ぜると美味な和え物になる。
ネバネバがあるので・・それもキツイ味はしないので・・まるでオクラを食べているようだ。

スムージーにもしてみた。 同じくキツイ味も匂いもないので・・バナナやミルク・蜂蜜と合わせて作ると立派な美味しい スムージーなのだ。

焼いても煮ても(カレーにしてもいいらしい)いいので・・これは活用範囲はとても広い!

大量に冷凍したので・・これから全部 一人で食べたるぜぃ!

2018年10月23日火曜日

雑草を食べる


先日我が家にTangoDanceのイベントでやって来た Linaさんは ”自然派人間”
つまり 自然の環境に住むのが好きで エコの宿とオーガニックレストランがある所のシェフとして働いている。
そして 私に”草のスムジー”を作ってくれた。
私を我が家の庭に連れてって・・・草ぼうぼうの庭から ドンドン草を摘んで行く。
我が家の庭は 草を殺す農薬とかは一切撒かれていないので・・・オーガニックその物!
だから 草といえどもオーガニック。
色んな草が食べられるのを教えてくれる。
そして その草の一つ一つの説明もしてくれる。
内臓の掃除をする草が沢山ある。 肝臓や 腎臓や・・そして 血液をきれいにもするし・・。
デトックスになる草のどんなに多い事か!

草の様に 我が家はミントやパセリ・コリアンダー等も生えているので それらも一緒に入れる。

そして バナナ・はちみつも混ぜて・・・(彼女の分はそれも入れないけど)ブレンダーにかけると おいしいスムージーの出来上がり。

2日続けてそれを飲んだら毎日大量の排出物が出て・・お腹が相当軽くなった・・。

何も買わずに 取り敢えず外の草を食しているだけて 体が嬉しがっているのを感じる・・。